クリニックニュース

Q. 鉄不足について教えてください。

A. 貧血になると全身が酸素不足の状態になり、頭痛やめまい消化不良の症状が出ます。睡眠不足や疲労がたまっている時は要注意です。陸上やサッカー、ラグビー等、走り回る人も要注意です。女性は月経時の出血で鉄分が多く失われますので、日頃から鉄分不足には気をつけましょう。

鉄分の多く含むものには、吸収の良い「ヘム鉄」と吸収の悪い「非ヘム鉄」の2種類があり、ヘム鉄を多く含む食品は鰹・鮪等の赤身の魚・煮干・あさり・牡蠣やレバーでは豚鶏牛の順に多く鉄が含まれています。非ヘム鉄は小松菜・ホウレン草・切り干し大根・ヒジキ等です。

予防の為には、肉・魚・卵・牛乳等の蛋白質やビタミンCと一緒に食べると吸収を高められます。コーヒーや緑茶に含まれるタンニンが鉄の吸収を妨げるので、食事中や食事の前後には控える事も大切です。

鉄欠乏性貧血と診断されたら、長い人だと半年間の錠剤服用が必要です。

医療法人社団そうき会
新浦安こどもクリニック
(小児科・アレルギー科)

院長: 内藤茂樹(医学博士、日本小児科学会東京都地方会)

  • 24時間電話予約受付は9月をもって終了いたしました。
    10月以降は来院順の受付となります。ご了承ください。
  • 土日祝日も診察
    月〜金
    火曜休診
    09:00-12:00
    15:00-18:00 ※
    土日・祝09:00-12:00
    ※初診の方(当院に初めてかかる方)は、なるべく17:45までに受付にお越しいただきますようお願いいたします。
    ››診察について
  • 各種予防接種常時実施
    乳児検診実施(要予約)
    ディズニー・リゾート 並びに周辺ホテルの急患引受
〒279-0012
千葉県浦安市入船4-1-1
新浦安中央ビル2F
TEL. 047-304-0888
››こどもクリニック地図
››お問い合わせ