クリニックニュース

Q. 熱中症について教えて下さい。その2

A. 熱中症の病気の根本は体温の異常と脱水ですから、その2つに治療の焦点を当てるべきです。特に、熱けいれんや熱射病が起こったら、体温コントロールは出来るだけ早期に正常化を図ることが大切です。

治療法は、高温に対して腋の下・頚のあたり・ソケイ部(股部)などを冷却する、全身の衣服を取って体表を水で濡らす、またはアルコールを浸したガーゼを貼り付けて送風する、もしくは冷房を最強にするなど。点滴していたら点滴のボトルを冷やす。また、循環障害(脱水)に対して生理食塩水か細胞外液等の点滴を少なくとも2000mlあるいはそれ以上急速に輸液することが必要になります。脈圧高低の差が広がり、脈が下がって尿量が増えて来るのを回復の目安にして下さい。

予防法は、汗をかいた時は塩分が出てしまっているので、スポーツドリンクや塩分の入った飲み物をしっかり摂取する、なるべく風を送って体温を下げる、また体に熱をためない様にする事などです。

医療法人社団そうき会
新浦安こどもクリニック
(小児科・アレルギー科)

院長: 内藤茂樹(医学博士、日本小児科学会東京都地方会)

  • 24時間電話予約受付は9月をもって終了いたしました。
    10月以降は来院順の受付となります。ご了承ください。
  • 土日祝日も診察
    月〜金
    火曜休診
    09:00-12:00
    15:00-18:00 ※
    土日・祝09:00-12:00
    ※初診の方(当院に初めてかかる方)は、なるべく17:45までに受付にお越しいただきますようお願いいたします。
    ››診察について
  • 各種予防接種常時実施
    乳児検診実施(要予約)
    ディズニー・リゾート 並びに周辺ホテルの急患引受
〒279-0012
千葉県浦安市入船4-1-1
新浦安中央ビル2F
TEL. 047-304-0888
››こどもクリニック地図
››お問い合わせ