クリニックニュース

Q. 熱中症について教えて下さい。

A. 体温と循環障害がおこり、体のバランスが崩れて異常をきたすもので、炎天下でのスポーツ、肉体労働、締め切った屋内、狭い部屋や体育館の中、また曇りの日にもおこります。熱の放散は、風速や湿度等も影響しますので、炎天の屋外以外ででも熱中症にかかることもあります。

また年少者や高齢者、潜在的に脱水のある方は、特に注意が必要です。

病型は3段階あり、まず熱けいれんで、血中の塩分不足が起こり、こむらがえり、腹痛嘔吐します。発汗があるので体温上昇は軽度です。

病態が進むと脱水に循環障害を伴い熱疲労となり、血圧の上と下の差がなくなり頻脈になり体温調節が不十分になります。重症型は、熱射病といい、体温上昇、循環障害で発汗は停止して、皮膚は乾いて紅潮します。体温は上昇し続け、死亡例もあります。

次回は治療法をお話します。

医療法人社団そうき会
新浦安こどもクリニック
(小児科・アレルギー科)

院長: 内藤茂樹(医学博士、日本小児科学会東京都地方会)

  • 24時間電話予約受付は9月をもって終了いたしました。
    10月以降は来院順の受付となります。ご了承ください。
  • 土日祝日も診察
    月〜金
    火曜休診
    09:00-12:00
    15:00-18:00 ※
    土日・祝09:00-12:00
    ※初診の方(当院に初めてかかる方)は、なるべく17:45までに受付にお越しいただきますようお願いいたします。
    ››診察について
  • 各種予防接種常時実施
    乳児検診実施(要予約)
    ディズニー・リゾート 並びに周辺ホテルの急患引受
〒279-0012
千葉県浦安市入船4-1-1
新浦安中央ビル2F
TEL. 047-304-0888
››こどもクリニック地図
››お問い合わせ