クリニックニュース

Q. キャンピロバクター感染症について教えてください。

A. グラム陰性(ラセン状)桿菌が原因菌です。この菌は、元々犬・七面鳥・ヤギ・豚・ニワトリ等の家畜の腸管に生存していて、人の腸管にはほとんどいません。犬・ヤギ・ニワトリ・牛等の家畜の病原菌で動物の下痢症等を起こします。人の場合の症状は下痢・腹痛・発熱。嘔吐等の胃腸炎症状を呈し食品(半生焼き鳥・生卵・モツ・室内動物のフン等からのが多く、発症までの潜伏期間は2〜5日です。感染性腸炎・感染型食中毒)で食中毒として認められています。

治療は抗生物質に感受性がありますが、ペニシリン系やクエン酸系葉には耐性菌が多いです。便を培養してもらって効く薬を処方してもらってください。

これからの季節は、他の食中毒も増えてきます。ご家庭でも食中毒予防のため、気をつけて料理してあげてください。

医療法人社団そうき会
新浦安こどもクリニック
(小児科・アレルギー科)

院長: 内藤茂樹(医学博士、日本小児科学会東京都地方会)

  • 24時間電話予約受付は9月をもって終了いたしました。
    10月以降は来院順の受付となります。ご了承ください。
  • 土日祝日も診察
    月〜金
    火曜休診
    09:00-12:00
    15:00-18:00 ※
    土日・祝09:00-12:00
    ※初診の方(当院に初めてかかる方)は、なるべく17:45までに受付にお越しいただきますようお願いいたします。
    ››診察について
  • 各種予防接種常時実施
    乳児検診実施(要予約)
    ディズニー・リゾート 並びに周辺ホテルの急患引受
〒279-0012
千葉県浦安市入船4-1-1
新浦安中央ビル2F
TEL. 047-304-0888
››こどもクリニック地図
››お問い合わせ