クリニックニュース

手足口病について

手足口病は幼児期から5〜6歳を中心に初夏から秋にかけて集団発生することが多いウイルス性発疹病です。

潜伏期間は3〜7日で発熱は37℃台の軽度が多いです。手のひらや甲、指、手首、前腕、肘、足の指、甲、膝に半米粒〜米粒大の淡紫色で、周囲が赤く、少し盛り上がった水疱様の発疹が生じます。同時に口の中(のどや頬の裏)にも見られ、口内炎となり疼痛を伴うことがあります。中にはおしりに発疹が出ることもあります。

原因ウイルスは主なものだけでもコクサッキーウイルス群、エンテロウイルス群があります。1回感染すればその時にできた抗体がその後の感染も大方は防いでくれると言われています。

特別な治療はないですがトローチや口内炎治療薬を使用して痛みを和らげてあげるのも一つの方法です。わが国では、発疹が黒くなるまで、登園・登校禁止としております。

医療法人社団そうき会
新浦安こどもクリニック
(小児科・アレルギー科)

院長: 内藤茂樹(医学博士、日本小児科学会東京都地方会)

  • 24時間電話予約受付は9月をもって終了いたしました。
    10月以降は来院順の受付となります。ご了承ください。
  • 土日祝日も診察
    月〜金
    火曜休診
    09:00-12:00
    15:00-18:00 ※
    土日・祝09:00-12:00
    ※初診の方(当院に初めてかかる方)は、なるべく17:45までに受付にお越しいただきますようお願いいたします。
    ››診察について
  • 各種予防接種常時実施
    乳児検診実施(要予約)
    ディズニー・リゾート 並びに周辺ホテルの急患引受
〒279-0012
千葉県浦安市入船4-1-1
新浦安中央ビル2F
TEL. 047-304-0888
››こどもクリニック地図
››お問い合わせ