クリニックニュース

クループ症候群(急性咽喉気管支炎)

幼児がある種のウイルスや細菌の感染を受けたり、アレルギー反応によって声帯付近の喉の粘膜が腫れる結果、吸気時喘鳴(ヒュウヒュウ、ゼーゼーと聞こえる吸気音)と嗄声(声がしわがれる)、犬吠様咳(犬の遠吠えのような咳)を主症状とする気道感染支障が生じるのが本症候群です。発症年齢は六ヶ月〜三歳位までで年中みられます。急に発症し、ひどい場合には多呼吸や喉仏の下がペコペコと呼吸のたびにへっこんだり、さらにはチアノーゼを認めるようになるなど、睡眠はまずとれなくなるのが一般的です。

軽症状では投薬や吸入で外来通院でも軽快していきますが、中等症以上の症例は点滴や酸素療法が必要になり、入院治療を要します。また、重篤な状態に陥るケースもまれに見られます。急激な発症と進行が特徴的で、早期の治療開始が重視されます。

医療法人社団そうき会
新浦安こどもクリニック
(小児科・アレルギー科)

院長: 内藤茂樹(医学博士、日本小児科学会東京都地方会)

  • 24時間電話予約受付は9月をもって終了いたしました。
    10月以降は来院順の受付となります。ご了承ください。
  • 土日祝日も診察
    月〜金
    火曜休診
    09:00-12:00
    15:00-18:00 ※
    土日・祝09:00-12:00
    ※初診の方(当院に初めてかかる方)は、なるべく17:45までに受付にお越しいただきますようお願いいたします。
    ››診察について
  • 各種予防接種常時実施
    乳児検診実施(要予約)
    ディズニー・リゾート 並びに周辺ホテルの急患引受
〒279-0012
千葉県浦安市入船4-1-1
新浦安中央ビル2F
TEL. 047-304-0888
››こどもクリニック地図
››お問い合わせ